煎茶道具「泡瓶、宝瓶(ほうひん)」

写真右側にあるのが煎茶道具「泡瓶」(ほうひん)

煎茶道具「泡瓶、宝瓶(ほうひん)」は、急須(きゅうす)と同じく、茶を淹れる器のことです。

ふた付の平口で上部が広くて底辺が比較的狭く、蓋は胴張り形のものが多いです。

みなさんが想像されている急須との大きな違いとしては”取手がない”ことです。素材は陶磁器(とうじき)のものがほとんどです。高温かつ茶葉を器に入れたまま飲む際に使われる蓋碗(がいわん)が原型だと言われています。(諸説あり)

中国茶でよくみる茶器の蓋碗(がいわん)


泡瓶の内側には、注ぎ口が蓋底まで空いており、また取手がないことから、ぬるめの湯でいれる玉露手前の際に重宝されます。

茶漉し穴がない代わりに、茶葉がこぼれないよう蓋を少しずらして注ぎます。 

器の表面には各作家によってさまざまな意匠(いしょう)がデザインされることが多く、お茶会ごとに同じ柄の泡瓶を見ることはありません。それではここでいくつか泡瓶の画像をご覧ください。

奈良県の伝統工芸「赤膚焼」の泡瓶・宝瓶(ほうひん)

赤膚焼(あかはだやき)は、奈良県の伝統工芸品であり、いまも奈良県内にある赤膚焼の窯元は、小堀遠州が好んだ遠州七窯のひとつに数えらる茶道具の産地です。赤膚焼の粘土が産出する赤膚山は、奈良県は平城京の南西部に位置し、”青丹よし”の詞どおり古来より良質の陶土の産する所にあります。この良土と天平の昔よりの歴史的、文化的風土に育まれた陶器が赤膚焼です。

煎茶道具「奈良絵の泡瓶」

現在は赤膚焼の窯元も数軒を数えることとなりましたが、そのなかで煎茶道具も制作されていることにぜひご注目ください。

赤膚焼の表面には、”奈良絵”というお釈迦様の生涯を描いた”過去現在因果経”をデザインにした意匠が描かれており、写真にある煎茶道具の赤膚焼の泡瓶は、注ぎ口は狭く、つたって底辺まで落ちないよう工夫されています。

兵庫県の工芸品「出石焼」の泡瓶(ほうひん)

出石焼(いずしやき)は、江戸時代中期に地元で大量の白磁の原石が発見されたことから、藩主の援助を受け今の佐賀県有田町の陶工を招いて、兵庫県の出石の城下町で磁器作りをしたのが始まりとされています。

煎茶道具「白磁の泡瓶」

煎茶道具である出石焼の泡瓶は、国内では珍しい純白の白磁をメインとした磁器の茶器です。優しく上品に透き通るような白磁と、その美しさを引き立てる彫刻は芸術です。お茶の青々とした色合いを楽しみたいときは、こちらの泡瓶や煎茶碗をつかうことをおすすめします。

山口県の工芸品「萩焼」の煎茶道具「泡瓶」

萩焼は山口県萩市一帯で焼かれる陶器で、一部長門市・山口市にも窯元があります。

華やかというよりは控えめな色味と装飾ですが、古くから「一楽、二萩、三唐津」と謳われるほど茶人好みの器として知られ、細かい部分にまでこだわった質の高い陶器として根強い人気があります。

萩焼の泡瓶
煎茶道具「萩焼の泡瓶」

煎茶道具である萩焼の泡瓶の特徴は、やわらかい色合いの陶土と、器の表面に見える小さなヒビである貫入(かんにゅう)です。ヒビといっても水漏れがするわけではなく、釉薬でコーティングされているため、その貫入(かんにゅう=ひび)はデザインになります。

そのヒビや陶土の色合いが、使い込むにつれて変化していく、自分だけのマイ茶器が完成します。

この柔らかい雰囲気のフォルムや色合いが好きで、よく使っています。

実際に扱っているところを動画にして紹介させていただきます。

煎茶道具の泡瓶(ほうひん)についての動画