建水(けんすい)、こぼし

煎茶道具「建水」(けんすい)とは、煎茶碗(せんちゃわん)を洗ったり、器を温めたりした湯や茶殻(ちゃがら)をすてる器物です。一般家庭には、茶こぼしとして知られています。

素地は陶磁器や銅、曲げわっぱ、漆器などがあり、形状はお湯や水を捨てやすいように口を大きく開いているものがほとんどです。

煎茶道具「唐銅の建水」

こちらは唐銅(からがね)の建水です。

唐銅とは、銅、錫、鉛で鋳造したものの名称です。

唐銅で出来た煎茶道具「建水(けんすい)、こぼし」

このように口が広いため茶殻や水がいれやすいです。

基本的には、モノを捨てる「陰」の道具であるため、バリエーションは少ないようです。

煎茶道具「建水(けんすい)、こぼし」

煎茶道具「唐銅の建水」を動画にてご紹介します。

実際に、この建水に水をいれると、どんな雰囲気なのかを動画にてまとめました。

お時間ありましたらご覧ください。

煎茶道具「建水」(けんすい)