洗瓶(せんびん)、水次(みずつぎ)

手前座(てまえざ)や建水(けんすい)の上で、茶碗を洗うときに使う水を入れる器物です。水注とは違い、お客様の口に届く水は入れず、煎茶碗や急須などの煎茶道具をお清めする水のみを入れます。(※流派によって異なります)素材は陶磁器(とうじき)のものから銅ものまで多々あります。綺麗に水を茶道具に落として清めなければいけないため、注ぎ口が切れの良い形状のものを選ぶと良いです。