煎茶道具「仙盞瓶(せんさんぴん)」とは
煎茶道具「仙盞瓶」(せんさんぴん)

煎茶道具「仙盞瓶」(せんさんぴん)とは

煎茶道具の仙盞瓶(せんさんぴん)とは、古くからある煎茶道具の1つで、お茶碗や、お湯をつくる煎茶道具であるボーフラに水を淹れる役割をもつ陶磁器です。別名で「盛盞瓶」・「洗盞瓶」とも書き、煎茶の古書(こしょ)には「煎茶瓶」とも記されています。

お茶席では水注(すいちゅう)とも説明されることもあります。

煎茶道具「仙盞瓶」の材質や形とは

平清水焼 青龍窯 仙盞瓶  seiryu-04

煎茶道具の仙盞瓶は、中国製オリエント風の水注で、蓋・注嘴・把手を具えた精巧華麗な注器です。

材質は、青磁・青花・赤絵のものがあります。

煎茶道具「仙盞瓶」の動画

煎茶道具「仙盞瓶」の動画

煎茶道具の仙盞瓶の動画をシェアさせていただきます。

水を入れるととても重くなるので、扱いに注意します。

注ぎ口から水が出てくる様子を「景色(けしき)」と呼んで、いかに水が綺麗に注がれるかに注意して作られる職人さんがいらっしゃいます。こちらの仙盞瓶も、注ぎ口がとても焼き物とは思えないほど、均質に、美しく作られており、鑑賞するだけではなく、実際に使用して楽しむことができます。

煎茶道具に関連するおすすめページ

さらに煎茶道具に興味を持たれた方へおすすめの関連ページをご紹介します。

参考:「煎茶全書」主婦の友社 昭和49年 ※流派や先生によって解説が異なる可能性があります。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 茶の湯・茶道へ
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸教室・陶磁器販売へ
にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ