同じく煎茶道具である炉屏や結界と同じ役割を果たす「衝立」についてご紹介させていただきます。

※参考 煎茶全書 主婦の友社 昭和49年

流派や先生、教室によって名称や扱い方が異なる可能性があります。

煎茶道具「衝立」とは

煎茶道具「炉屏」(ろびょう)と同じように、茗座(めいざ:お手前をするところの名称)の向こうへ立てて使います。

広間などで客席と茗座の間に立てて境界を示す際に「衝立」使用することもあります。

煎茶道具「衝立」の材質や形について

細い竹を組んで作ったもの、その他に桐や杉、松などの木地や古材、銘木などいろいろな材質でつくられます。

高さは15センチ~25センチ、幅は50センチくらいで、好みによって大きさは異なります。